作者別: admin

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病治療のメインは歯垢の除去です。歯垢の除去をプラークコントロールといいます。歯科医院で器械的に行うこともありますが、多くの場合は家庭でのセルフチェックとなります。ただし、歯石(歯垢が固くなったもの)は歯垢と違って歯磨き程度では落とすことができないため、歯科医院で専門の道具を使って落とすことになります。これをスケーリングといいます。

 

プラークコントロールは歯周病治療の80%を占めると言われているほど重要なものです。プラークコントロールを適切に行うだけで出血や腫れは驚くほど引きます。

 

また、スケーリングを行うと歯石が除去されて歯の表面がツルツルになるので、歯垢が付きづらくなり、プラークコントロールがより容易になります。歯茎の中の歯石は特に問いづらいので、専用の超音波振動機や細い器具によって取り除きます。

 

これらの治療によって、高い確率で歯周病は改善され、ポケットは浅くなっていきます。

 

これらの治療でも改善が見られない場合は、外科的治療によってポケットを浅くします。これを歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ)と言います。

 

治療終了後は、再び歯周病が悪化しないようにメンテナンスを行います。歯科治療でのメンテナンスの周期は比較的症状が軽かった人ならば6ヶ月に1度、中程度の症状ならば3ヶ月に1度、重症ならば1ヶ月に1度が目安です。

歯周病の検査

歯周病の検査

歯周病の検査ではまず、歯周ポケット検査が行われます。これは前述のポケットの深さを測るための検査で、ポケット探針という器具を使います。ポケットの深さは概ね歯周病の進行度に比例します。健康な歯茎のポケットは1~2mm程度、歯肉炎から初期の歯周病だと3mm~4mm程度、それ以上に進行した歯周病だと5mm以上になります。歯の子は長いものでも10mmちょっとなので、ポケットが5mmということは歯が半分浮いているようなものです、

 

また、動揺度検査では歯の揺れの大きさを図ります。健康な歯はガッシリと固定されているため殆ど動きませんが、歯周病が進行すると葉の周りの骨が溶けてくるため支えがなくなりグラグラと揺れるようになります。軽度の歯周病の場合は治療をすることによって揺れは収まりますが、重度の歯周病の場合は治療をしても止まらないことがあるので、必要に応じて歯と歯をつなぐなどして揺れを収めます。

 

レントゲ現検査では歯茎の中の骨の高さを確認します。歯周病は痛みも出ないまま進行してしまう病気なので、たとえ自覚症状がなくてもきちんとレントゲン検査を受けることが大切です。

歯周病セルフチェック

歯周病セルフチェック

以下の症状がある場合は、歯周病の可能性があります。早期に歯科医院で検査を受けましょう。

 

  • ブラッシング時に頻繁に出血する
  • 口臭がきついと他人から指摘されたことがある。
  • 歯肉が赤く腫れている(健康な歯肉はピンク色)。
  • 硬いものが噛みづらくなった。
  • 朝起きた時に口の中がネバネバしている。
  • 歯が前よりも長くなったような気がする。
歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病の初期の段階を歯肉炎といいます。歯肉が炎症を起こして赤く腫れ、丸みを帯びて、歯磨きをすると出血することがあります。この段階では適切な歯磨きは歯石除去などによって、健康な歯肉を取り戻すことができます。

 

歯肉炎が進行すると歯周病になります。炎症の程度は歯肉炎とほぼ同等ですが、細菌感染が進行することにより結合組織付着が喪失してしまいます。この段階でもブラッシングで血が出ることがあるものの、その他に目立った症状はなく、見過ごされやすいです。

 

更に進むと歯肉の炎症が更に進んで赤く腫れぼったくなります。出血が多くなり、人によっては痛みを感じることになります。それでも放置すると出血だけではなく膿が出始めるほか、強い口臭が認められることもあります。ただ、ここまで来ても症状に気が付かない患者も少なくなりません。

 

そのまま放置すると出血や講習はますますひどくなり、歯を支える骨が減少してはがグラグラ揺れ、最終的に歯はが抜け落ちてしまいます。

 

歯周病は進行しても症状が比較的出づらい病気とされています。自覚症状がなくとも、定期検診を受けることが大切です。

歯周病の原因

歯周病の原因

人間の口内にはおよそ300~500種類の程の細菌は住んでいるとされています。多くの細菌は普段これといった動きを見せませんが、歯磨きが不十分だったり、砂糖を摂り過ぎたりすると歯垢(プラーク)を生み出して歯の表面に付着します。歯垢の中には多数の細菌が存在しており、その中に歯周病の原因となる細菌も存在しています。この細菌が歯肉の炎症を引き起こし、歯を支えている骨をも溶かしていきます。歯周病が進行すると歯肉と歯の間にあるポケットという空間が徐々に深くなり、やがて歯が抜けてしまいます。

 

歯周病の最もポピュラーな原因は歯磨きの不足です。歯磨きをしない、もしくはしていても磨き方が足りない人は歯周病にかかりやすいです。とはいえ、どんなに丁寧に磨いても磨き残しは生じるものです。歯の健康に自信がある人でも、時折は歯科医院で定期健診やブラッシング指導などを受けたほうが良いでしょう。

 

また、喫煙は歯周病のリスクを3~8倍程度増大させることがわかっています。タバコに含まれる化学物質には歯肉からの出血を抑える効果があり、そのため症状に気づきにくくなるという弊害もあります。お酒は歯周病に直接悪影響をおよぼすわけではありませんが、お酒を飲んだ後は歯を磨かない事が多く、それが歯周病の原因となります。

 

また、かぶせをした歯がある場合も歯周病になりやすいことがわかっています。かぶせと歯の合間に歯垢が付着すると、通常の歯磨きでは落としづらいためです。

 

特に目立った病気などがなくても、遺伝のために歯周病になりやすい人もいます。通常、歯周病は30を過ぎてからかかることが多い病気ですが、歯周病になりやすい体質の人は10代から症状が現れることもあります。