歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病の初期の段階を歯肉炎といいます。歯肉が炎症を起こして赤く腫れ、丸みを帯びて、歯磨きをすると出血することがあります。この段階では適切な歯磨きは歯石除去などによって、健康な歯肉を取り戻すことができます。

 

歯肉炎が進行すると歯周病になります。炎症の程度は歯肉炎とほぼ同等ですが、細菌感染が進行することにより結合組織付着が喪失してしまいます。この段階でもブラッシングで血が出ることがあるものの、その他に目立った症状はなく、見過ごされやすいです。

 

更に進むと歯肉の炎症が更に進んで赤く腫れぼったくなります。出血が多くなり、人によっては痛みを感じることになります。それでも放置すると出血だけではなく膿が出始めるほか、強い口臭が認められることもあります。ただ、ここまで来ても症状に気が付かない患者も少なくなりません。

 

そのまま放置すると出血や講習はますますひどくなり、歯を支える骨が減少してはがグラグラ揺れ、最終的に歯はが抜け落ちてしまいます。

 

歯周病は進行しても症状が比較的出づらい病気とされています。自覚症状がなくとも、定期検診を受けることが大切です。


Comments are closed.