歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病治療のメインは歯垢の除去です。歯垢の除去をプラークコントロールといいます。歯科医院で器械的に行うこともありますが、多くの場合は家庭でのセルフチェックとなります。ただし、歯石(歯垢が固くなったもの)は歯垢と違って歯磨き程度では落とすことができないため、歯科医院で専門の道具を使って落とすことになります。これをスケーリングといいます。

 

プラークコントロールは歯周病治療の80%を占めると言われているほど重要なものです。プラークコントロールを適切に行うだけで出血や腫れは驚くほど引きます。

 

また、スケーリングを行うと歯石が除去されて歯の表面がツルツルになるので、歯垢が付きづらくなり、プラークコントロールがより容易になります。歯茎の中の歯石は特に問いづらいので、専用の超音波振動機や細い器具によって取り除きます。

 

これらの治療によって、高い確率で歯周病は改善され、ポケットは浅くなっていきます。

 

これらの治療でも改善が見られない場合は、外科的治療によってポケットを浅くします。これを歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ)と言います。

 

治療終了後は、再び歯周病が悪化しないようにメンテナンスを行います。歯科治療でのメンテナンスの周期は比較的症状が軽かった人ならば6ヶ月に1度、中程度の症状ならば3ヶ月に1度、重症ならば1ヶ月に1度が目安です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です