歯周病の検査

歯周病の検査

歯周病の検査ではまず、歯周ポケット検査が行われます。これは前述のポケットの深さを測るための検査で、ポケット探針という器具を使います。ポケットの深さは概ね歯周病の進行度に比例します。健康な歯茎のポケットは1~2mm程度、歯肉炎から初期の歯周病だと3mm~4mm程度、それ以上に進行した歯周病だと5mm以上になります。歯の子は長いものでも10mmちょっとなので、ポケットが5mmということは歯が半分浮いているようなものです、

 

また、動揺度検査では歯の揺れの大きさを図ります。健康な歯はガッシリと固定されているため殆ど動きませんが、歯周病が進行すると葉の周りの骨が溶けてくるため支えがなくなりグラグラと揺れるようになります。軽度の歯周病の場合は治療をすることによって揺れは収まりますが、重度の歯周病の場合は治療をしても止まらないことがあるので、必要に応じて歯と歯をつなぐなどして揺れを収めます。

 

レントゲ現検査では歯茎の中の骨の高さを確認します。歯周病は痛みも出ないまま進行してしまう病気なので、たとえ自覚症状がなくてもきちんとレントゲン検査を受けることが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です