歯周病の原因

歯周病の原因

人間の口内にはおよそ300~500種類の程の細菌は住んでいるとされています。多くの細菌は普段これといった動きを見せませんが、歯磨きが不十分だったり、砂糖を摂り過ぎたりすると歯垢(プラーク)を生み出して歯の表面に付着します。歯垢の中には多数の細菌が存在しており、その中に歯周病の原因となる細菌も存在しています。この細菌が歯肉の炎症を引き起こし、歯を支えている骨をも溶かしていきます。歯周病が進行すると歯肉と歯の間にあるポケットという空間が徐々に深くなり、やがて歯が抜けてしまいます。

 

歯周病の最もポピュラーな原因は歯磨きの不足です。歯磨きをしない、もしくはしていても磨き方が足りない人は歯周病にかかりやすいです。とはいえ、どんなに丁寧に磨いても磨き残しは生じるものです。歯の健康に自信がある人でも、時折は歯科医院で定期健診やブラッシング指導などを受けたほうが良いでしょう。

 

また、喫煙は歯周病のリスクを3~8倍程度増大させることがわかっています。タバコに含まれる化学物質には歯肉からの出血を抑える効果があり、そのため症状に気づきにくくなるという弊害もあります。お酒は歯周病に直接悪影響をおよぼすわけではありませんが、お酒を飲んだ後は歯を磨かない事が多く、それが歯周病の原因となります。

 

また、かぶせをした歯がある場合も歯周病になりやすいことがわかっています。かぶせと歯の合間に歯垢が付着すると、通常の歯磨きでは落としづらいためです。

 

特に目立った病気などがなくても、遺伝のために歯周病になりやすい人もいます。通常、歯周病は30を過ぎてからかかることが多い病気ですが、歯周病になりやすい体質の人は10代から症状が現れることもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です